経年変化図

条件選択

環境放射線データベースに登録されているデータを利用して、放射能濃度のデータをプロットした経年変化図を作成することができます。
画面の表示に従い、条件を設定していくことで、簡単にグラフを作成することができます。
必須項目を全て選択した時点から該当データ件数がカウントされます。

経年変化図の見方に関するFAQはこちら

基準となる項目必須

複数表示したい項目を選択してください。複数の調査地域を比較したり、複数の試料・核種をまとめて見ることができます。

基準となる項目

調査地域必須

検索の対象としたい都道府県を選択してください。

調査試料
  • 北海道・東北
  • 関東
  • 中部
  • 近畿
  • 中国
  • 四国
  • 九州・沖縄

調査期間必須

検索の対象としたい期間を指定してください。

調査試料必須

検索の対象としたい試料(大分類)を選択してください。
試料(大分類)を選択すると試料(中分類)を選択することができます。

試料(大分類)

試料(中分類)

調査核種必須

検索の対象としたい放射性核種の種類を1つ選択して下さい。

調査核種

選択不要です

濃度単位必須

グラフを表示する際の単位を選択してください。

濃度単位

表示方法必須

グラフの表示方法を選択してください。

表示方法

対象調査任意

検索の対象とする調査を選択することができます。選択しない場合は全ての調査が対象となります。
各調査の詳細については対象調査詳細一覧を参照してください。

対象調査
  • 身のまわりなど一般環境

  • 原子力施設周辺

  • 原子力艦