No.29 緊急時におけるゲルマニウム半導体検出器によるγ線スペクトル解析法
No.29
【制定(改訂)】
  2004年制定
2018年改訂
(PDF: 7.90MB)


 【解説】
  ゲルマニウム半導体検出器を用いたγ線スペクトロメトリーは、緊急時における環境放射線モニタリングに広く活用される一方、複雑なγ線スペクトルを解析・評価するため、 γ線ピークの誤認等、緊急時特有の問題がある。本解析法では、これら緊急時における特有の問題及びその対処方法について実例等を用いて解説するとともに、 東京電力福島第一原子力発電所事故を経験して得られた知見等を広く共有できるよう配慮した。



 【PDFファイルについて】
通常のPDFファイル
(ワープロ等の電子文書原稿をPDF形式に変換したもので、文書内の文字列検索が可能です。)
透明テキスト付きPDFファイル
(紙原稿をスキャンし、画像としてPDF形式に変換したもので、文書内の文字列検索を行えるように透明テキストを貼り付けてあります。)

 【注意事項】
透明テキストは、文書内検索の便宜を図る目的でのみ提供するものであり、その内容がイメージの中の文字と100%一致することは保証いたしかねますので、予めご了承ください。