日本の環境放射能と放射線

基礎知識を学ぶ


Q&A[基礎編]
 
Q8 我が国のラドン濃度はどうなの?
Q8 我が国のラドン濃度はどうなの?
我が国のラドン濃度調査は、昭和60 年から始まり、平成14 年までに、住居、職場や屋外で実施されました。 これらの調査によると、住居のラドン濃度は、3.1 Bq/m3 1)から208 Bq/m3 の範囲にあり、平均値は15.5 Bq/m3 でした。 UNSCEAR 2000 年報告書によると、世界の住居のラドン濃度の最大値は8 万5 千 Bq/m3 で、平均値は40Bq/m3 となっています。 我が国のラドン濃度が低いのは、家屋構造が異なっていることや風通しの良い木造家屋が多いためと考えられています。