日本の環境放射能と放射線

基礎知識を学ぶ


身の回りの放射線
 
1 世界と日本のラドン濃度は違うの?
  日本のラドンの年間実効線量は、世界平均の3分の1程度です。これは、地質の違いや比較的換気率の高い木造建築の家屋を調査の対象としていることが考えられています。 しかし、最近では、日本においても密閉性の高いコンクリートの住宅等が増えていますので、ラドン濃度が高くなる可能性があります。
  左の図は、1993年4月から1996年6月の約3年間にわたり、47都道府県のそれぞれ20家屋を対象に屋内のラドン濃度を日本分析センターが調査した結果です。 屋内ラドン濃度は家の換気や建材によって変化します。